for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新築住宅販売、9月は前月比3.5%減 予想に反し減少

[ワシントン 26日 ロイター] - 米商務省が26日発表した9月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比3.5%減の95万9000戸と、予想に反し減少した。減少は5カ月ぶり。ただ、過去最低水準の金利が住宅市場を引き続き支援している。

米商務省が26日発表した9月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比3.5%減の95万9000戸と、予想に反し減少した。写真は2019年7月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

ロイターがまとめたエコノミスト予想は2.8%増の102万5000戸だった。

8月の販売戸数は101万1000戸から99万4000戸に下方修正された。

地域別では、北東部が28.9%減、南部が4.7%減、中西部が4.1%減。一方、西部では3.8%増加した。

価格中央値は前年比3.5%上昇の32万6800ドル。販売価格は20万─39万9000ドルに集中していた。

在庫は28万4000戸と、前月の28万2000戸から増加。9月の販売ペースに基づく在庫の消化期間3.6カ月。前月は3.4カ月だった。

商務省が先週20日に発表した9月の住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比1.9%増の141万5000戸。住宅市場の大半を占める一戸建て住宅が好調に伸びた。住宅着工許可件数は5.2%増の155万3000戸と2007年3月以来の高水準だった。

ただ、先行指標である新築住宅販売が鈍化しており、第4・四半期の米住宅市場の失速が示された。

TIAAバンク(フロリダ州ジャクソンビル)のエクゼクティブ・バイスプレジデント、ジョン・パタキ氏は「今回の統計で、住宅市場が失速しつつある可能性が示された」と指摘。

一方、JPモルガン(ニューヨーク)のエコノミスト、ダニエル・シルバー氏は「多少の上下は予想されるが、住宅ローン金利が低水準にあること、需要が積み上がっていることを踏まえると、住宅市場は今後も堅調に推移するとの見方を変えていない」と述べた。

シティグループ(ニューヨーク)のエコノミスト、アンドリュー・ホレンホースト氏も「力強い需要に押され住宅建設が続く中、住宅部門は少なくとも向こう数四半期は経済成長の支援要因となる」と指摘。ファニーメイ(ワシントン)のチーフエコノミスト、ダグ・ダンカン氏は「未着工のまま販売される物件が増加する傾向が続いていることは、建設が需要に追いついていないことを示している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up