for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新築住宅販売、6月は8.1%減 価格・金利上昇で約2年ぶり低水準

米商務省が26日発表した6月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比8.1%減の59万戸と、予想の66万戸を下回り、2020年4月以来の低水準となった。住宅価格とローン金利の上昇を受けた需要減退が改めて確認された。(2022年 ロイター/Octavio Jones)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米商務省が26日発表した6月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比8.1%減の59万戸と、予想の66万戸を下回り、2020年4月以来の低水準となった。住宅価格とローン金利の上昇を受けた需要減退が改めて確認された。

5月の販売戸数は64万2000戸と、69万6000戸から下方修正された。

6月は販売が中西部で増加したものの、北東部、西部、南部で減少した。

販売価格中央値は前年同月比7.4%上昇の40万2400ドル。

月末時点の在庫は45万7000戸と、前月末の44万7000戸から増加。建設中が67.0%、未着工が24.1%だった。

6月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は9.3カ月。前月は8.4カ月だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up