February 27, 2020 / 4:05 PM / a month ago

米中古住宅販売仮契約指数、1月は5.2%上昇 低金利が寄与

[ワシントン 27日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が27日に発表した1月の中古住宅販売仮契約指数は前月比5.2%上昇の108.8となり、過去約2年間で2番目の高水準となった。住宅ローン金利の低下が販売につながった。前年比は5.7%増だった。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は2.2%増。中古住宅販売仮契約指数は住宅市場の先行指標と見なされる。

地域別では南部が8.7%上昇、中西部が7.3%上昇、北東部が1.3%上昇となったが、西部は1.1%低下した。

NARの首席エコノミスト、ローレンス・ユン氏は「昨年12月と1月の住宅着工件数が160万件前後で推移しており、好都合な住宅ローン金利などを考慮すると、2020年は現時点で非常に良好な販売環境になっている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below