July 22, 2020 / 3:55 PM / 18 days ago

米中古住宅販売、6月は過去最大の伸び 先行きなお不透明

* 6月の米中古住宅販売は前月比+20.7%(予想:+24.5%)=全米リアルター協会

* 6月の米中古住宅販売は年率472万戸(予想:478万戸)=全米リアルター協会

[ワシントン 22日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が22日に発表した6月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比20.7%増の472万戸と、1968年に統計を開始して以来最大の伸びを記録した。住宅ローン金利が過去最低水準にあることが追い風となった。ただ在庫が少ない上、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により失業者が多い中、住宅市場の先行きは不透明だ。市場予想は24.5%増の478万戸だった。

5月の中古住宅販売戸数は改定なしの391万戸。2010年10月以来の低水準だった。

6月は4カ月ぶりに増えたものの、販売戸数は依然としてパンデミック前の水準を下回っている。

中古住宅販売は住宅市場の約85%を占める。

6月の前年同月比は11.3%減だった。

連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、30年固定住宅ローン金利は平均2.98%と、1971年以来の低水準にある。先週発表された6月の住宅着工件数は約4年ぶりの大幅な伸びとなった。

米国では新型コロナの感染件数が再び急増。人口の多い南部や西部では事業を再停止したり経済活動再開の動きを止める地域もあり、新型コロナによる景気低迷からの回復が脅かされている。

米経済は2月に景気後退(リセッション)入りした。失業手当を受けている人は3200万人と極めて高水準にある。

中古住宅販売は全4地域で増加した。住宅在庫は前年同月比18.2%減の157万戸だった。販売価格中央値は前年同月比3.5%増の29万5300ドルと過去最高値を付けた。

6月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は4.0カ月。昨年6月の4.3カ月から減った。健全な需給バランスには6─7カ月が適切とされている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below