for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米個人消費、8月は1.0%増に鈍化 予想は上回る

米商務省が1日発表した8月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.0%増と、7月の1.5%増から鈍化した。カリフォルニア州アルカディアで6月撮影(2020年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米商務省が1日発表した8月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比1.0%増と、7月の1.5%増から鈍化した。市場予想の0.8%増を上回ったが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を依然として4%下回っている。

個人所得は2.7%減少。失業給付金の減額を受けた。7月は0.5%増だった。

8月の貯蓄は累計2兆4300億ドルだった。

FHNフィナンシャルのチーフエコノミスト、クリス・ロー氏は「経済成長を巡り貯蓄には大きな可能性があるが、新型コロナに関する支援が縮小されたにもかかわらず、米国では8月収入の14%が貯蓄に回った。一種の警戒心が示唆され、経済回復の抑制につながる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up