for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米小売売上高、1月は3.8%増で予想上回る 自動車など好調

米商務省が16日に発表した1月の小売売上高(季節調整済み)は前月比3.8%増となった。2017年10月撮影(2022年 ロイター/Stephen Lam)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日に発表した1月の小売売上高(季節調整済み)は前月比3.8%増となった。自動車などの購入が急増する中、前月の落ち込みからプラスに転じ、市場予想の2%増を上回った。しかし、物価上昇が今四半期の経済成長の重しとなる可能性がある。

2021年12月の小売売上高は当初発表の1.9%減から2.5%減に下方改定された。市場予想は0.7%増─4.4%増と幅があった。

BMOキャピタル・マーケッツ(トロント)のシニアエコノミスト、サル・グアティエリ氏は「1月の小売売上高の力強い回復は、昨年末の低迷や価格上昇が寄与している部分はあるが、消費者が今年の景気拡大を推進する力がまだ十分にあることを示している」と指摘。「利上げを受けても消費は当面冷え込まず、米連邦準備理事会(FRB)によるインフレ抑制は一段と困難になるだろう」と述べた。

内訳では自動車が5.7%増。12月は1.6%減だった。電化製品・家電は1.9%、食品・飲食は1.1%、建設資材は4.1%それぞれ増加した。

一方、スポーツ用品・娯楽・楽器・書籍は3.0%減少。インフレの影響で裁量消費が削減されている可能性がある。

ガソリンスタンドも1.3%減。ガソリン価格が下落した。衣料品は0.7%増加したが、レストラン・バーは新型コロナウイルスのオミクロン株による感染拡大の影響で0.9%減少した。

オンラインストアは14.5%急増した。

国内総生産(GDP)の個人消費項目に密接に関連しているとされる自動車、ガソリン、建設資材、外食を除くコア小売売上高は4.8%急増。12月は3.1%減から4%減に改定された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up