for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2月の米非農業部門雇用者数、19万人増に加速の見通し=調査

 3月4日、ロイターのエコノミスト調査によると、米労働省が同日1330GMT(日本時間午後10時半)に発表する2月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は19万人増と前の月(15万1000人)を上回る伸びが見込まれている。写真はワシントンで1月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 4日 ロイター] - ロイターのエコノミスト調査によると、米労働省が4日1330GMT(日本時間午後10時半)に発表する2月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は19万人増と前の月(15万1000人)を上回る伸びが見込まれている。

失業率は、8年ぶり低水準だった4.9%で横ばいの見通し。リセッション懸念がさらに後退し、連邦準備理事会(FRB)に緩やかな利上げの余地を与えることになりそうだ。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スウィート氏は、雇用統計により「リセッションに関する議論は時期尚早で行き過ぎであるとの見方が広がり、FRBが利上げを長く待ち過ぎないための論拠を補強するだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up