for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新規失業保険申請74.5万件に悪化、寒波影響 見通しは改善

4日発表の2月27日までの1週間の米新規失業保険申請件数は74万5000件と、前週の73万6000件から増加した。写真はテキサス州ダラスの寒波。2月18日撮影(2021年 ロイター/REUTERS/Brandon Wade/File Photo)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米労働省が4日に発表した2月27日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は74万5000件と、前週の73万6000件から悪化した。ただ予想の75万件ほどは増えなかった。

2月中旬に人口が多い南部が異例の寒波に見舞われたことが影響したとみられている。ただ、新型コロナウイルス感染件数が減少する中、労働市場の見通しは改善。民間雇用調査会社のチャレンジャー・グレイ・クリスマスが発表した2月の米企業人員削減数は3万4531人と、前月から57%減少し、2019年12月以降で最小となった。

ウェルズ・ファーゴ証券のシニアエコノミスト、サラ・ハウス氏は「雇用情勢が冬の荒天から再び持ち直し始めている」と指摘した。

調整前の申請件数は3万1519件増の74万8078件。テキサス州やオハイオ州で大幅な増加が見られた。2月中旬に南部を襲った寒波の影響で、テキサス州では停電や断水が何日間も継続し、石油の生産や精製活動が停止に追い込まれた。

自営業者や単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」などに適用されるパンデミック失業支援(PUA)を申請した人は前週までの1週間で120万人だった。

失業保険申請件数は昨年3月に記録した686万7000件からは大幅に改善する一方、金融危機に見舞われた2007─09年のピークである66万5000件をなお上回っている。2月中旬時点で何らかの失業給付を受けている人は最低でも1800万人に上る。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up