May 8, 2020 / 12:57 PM / 25 days ago

4月米雇用2050万人減、大恐慌以降で最大 失業率14.7%と戦後最悪

* 4月の米労働参加率は60.2%=労働省

* 4月の米失業率は14.7%(予想:16.0%)=労働省

* 4月の米民間部門雇用者数は-19,520,000人(予想:-21,050,000人)=労働省

* 4月の米製造部門雇用者数は-1,330,000人(予想:-2,500,000人)=労働省

* 4月の米非農業部門雇用者数は-20,500,000人(予想:-22,000,000人)=労働省

* 4月の米政府部門雇用者数は-980,000人=労働省

* 4月の米時間当たり平均賃金は前年同月比+7.9%=労働省

* 4月の米U‐6失業率は22.8%=労働省

* 4月の米時間当たり平均賃金は前月比+4.7%(予想:+0.4%)=労働省

[ワシントン 8日 ロイター] - 米労働省が8日発表した4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月から2050万人減となり、1930年代の大恐慌(グレート・ディプレッション)以降で最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が米経済に打撃を与えていることが浮き彫りとなった。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は2200万人減。3月の非農業部門雇用者数は70万1000人減から87万人減に改定された。

失業率は14.7%と、第2次世界対戦後に記録した1982年11月の10.8%を上回り、戦後最悪となった。市場予想は16%。3月は4.4%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below