May 14, 2020 / 1:09 PM / 18 days ago

米失業保険申請は298万件、6週連続で伸び鈍化

* 米新規失業保険申請件数は2,981,000件(予想:2,500,000件)=労働省

* 米新規失業保険申請件数4週間移動平均は3,616,500件=労働省

* 米失業保険受給総数2283.3万件(予想:2510.0万件)=労働省

[ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した9日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は298万1000件と、前週の317万6000件(改定)から鈍化した。鈍化は6週連続。ただ予想の250万件は上回り、新型コロナウイルスの感染拡大による甚大な影響は継続している。

新規失業保険申請件数は3月28日終了週に686万7000件と過去最悪の水準を付けた後は、伸びは徐々に鈍化している。

ライトサイド・アドバイザーズ(ニューヨーク)のチーフエコノミスト、ジョッシュ・ライト氏は「現在はレイオフの第1波の終盤にさしかかっている」と指摘。「自然災害の段階からリセッション(景気後退)の段階に移行しつつあるため、多くのホワイトカラーの職種で雇用が失われる事態となっている。米国は実質的に経済の大きな部分を『切断』したため、今後は足を引きずって歩くことになる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below