for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米12月CPI総合0.4%上昇、ガソリン価格高騰 コア指数緩やか

[ワシントン 13日 ロイター] - 米労働省が13日に発表した2020年12月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.4%上昇し、市場予想と一致した。ガソリン価格の大幅な値上がりが物価全体を押し上げ、伸びは前月の0.2%から拡大した。

前年比でも1.4%上昇と、前月の1.2%を上回った。

20年全体の伸びは1.4%と、前年の2.3%から鈍化し、15年以降で最低となった。過去10年間の伸びは平均で1.7%。

こうした中、変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は、12月に前月比0.1%上昇し、予想と一致。新型コロナウイルス禍に伴い、中古自動車や娯楽、航空、医療の各分野で価格が値下がりした。前年比の伸びは1.6%で前月と変わらず。20年全体では1.6%上昇し、19年の2.3%から鈍化した。過去10年間の伸びは平均で2%に届いていない。

コア個人消費支出(PCE)価格指数の伸びは1.4%と、連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%を大幅に下回っている。

内訳では、ガソリンが前月比8.4%上昇し、過去2カ月間の下げから一転、値上がりに転じた。食品も0.4%上昇し、前月の0.1%下落から反転。自宅内食品と自宅外食品はともに0.4%上昇した。帰属家賃は0.1%上昇。前月は横ばいだった。

一方、医療費は0.2%下落し、前月の0.1%から下げが拡大した。中古自動車・トラックは1.2%下落し、3カ月連続で落ち込んだ。航空運賃は2.3%下落。宿泊は変わらずだった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up