for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新規失業保険申請73万件に改善、感染減を反映 見通し不透明

[ワシントン 25日 ロイター] - 米労働省が25日に発表した20日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は73万件と、前週の84万1000件から減少し、予想の83万8000件も下回った。

新型コロナウイルス感染件数の減少を反映したとみられているが、今月中旬にテキサス州など南部が記録的な寒波に見舞われたことで、労働市場の短期見通しへの不透明性が高まっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up