for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米GDP確報値、第4四半期は4.3%増 改定値からやや上方修正

2020年第4・四半期の米GDP確報値は年率換算で前期比4.3%増と、改定値の4.1%増からやや上方修正された。写真は昨年11月、ニューヨークで撮影(2021年 ロイター/Caitlin Ochs)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米商務省が25日に発表した2020年第4・四半期の実質国内総生産(GDP)確報値(季節調整済み)は、年率換算で前期比4.3%増と、改定値の4.1%増からやや上方修正された。

第3・四半期は33.4%増加していた。米経済は新型コロナウイルス感染再拡大や財政刺激策策定の遅延などで20年は終盤にかけて失速。ただ21年第1・四半期の成長率は最大7.5%になると予想されているほか、21年通年の成長率は7%を超えるとみられている。実際に達成されれば、1984年以来の高成長となる。

モノ作り産業は6.1%増。建設やコンピューター・電子製品、金属加工品の製造が支えとなった。サービス業は、金融・保険、医療・社会扶助、専門・科学・技術サービスなどがけん引して4.9%増加。一方、宿泊・飲食サービス、公益、教育サービスは減少した。政府関連も1.1%落ち込んだ。

企業利益は314億ドル減少。前四半期は4996億ドル増加していた。通年では1302億ドル減。昨年は76億ドルの伸びだった。

オックスフォード・エコノミクスの米国担当主任エコノミスト、リディア・バウサー氏は「企業の収益が顕著に回復し、マージンが十分に支えられる中、企業利益は伸びる余地が大いにある」と指摘。「公衆衛生環境の改善やワクチン配布の拡大、手厚い財政出動が成長を強力に後押しする」と予想した。

*情報を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up