for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米失業保険申請26.8万件に改善、労働力不足が雇用増の重し

[ワシントン 18日 ロイター] - 米労働省が18日に発表した11月13日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1000件減の26万8000件と、新型コロナウイルス感染拡大開始以降で最も少なくなった。ただ、労働力不足が雇用増の重しになっている。

減少は7週連続。ロイターがまとめたエコノミスト予想は26万件だった。新型コロナ感染拡大が始まった2020年3月半ばの申請件数は25万6000件。これを若干上回る水準まで改善した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up