for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新規失業保険申請19.8万件に減少、コロナ再拡大の影響見られず

[ワシントン 30日 ロイター] - 米労働省が30日に発表した12月25日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は19万8000件と、前週の20万6000件(改定)から改善した。新型コロナウイルス感染者が再び急増しているものの、雇用への目立った影響は見られない。

市場予想は20万8000件だった。申請件数は昨年4月上旬に記録した過去最悪の614万9000件から大幅に減少している。

また、週ごとのボラティリティを除くベースでの失業率は4.2%と、21カ月ぶりの低水準にあり、労働市場は引き締まった状況にある。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up