for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米9月雇用者26.3万人増、伸び鈍化も予想上回る 失業率3.5%に低下

[ワシントン 7日 ロイター] - 米労働省が7日発表した9月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月から26万3000人増加した。伸びは8月(31万5000人増)から鈍化したものの、市場予想の25万人増を上回った。失業率は3.5%と、前月から0.2%ポイント低下した。労働市場がタイトなことが示され、連邦準備理事会(FRB)は当面は積極的な金融引き締め策を継続する見通しとなった。

米労働省が7日発表した9月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は市場予想を上回り、失業率は3.5%に低下した。店頭の求人、マサチューセッツ州で7月撮影。(2022年 ロイター/Brian Snyder)

9月の雇用者数は2021年4月以来の最小の伸びにとどまったものの、10年代の月間平均16万7000人を上回る。雇用者数の伸びは今年、月間平均42万人で推移している。

雇用者数の市場予想レンジは12万7000ー37万5000人と幅があった。

JPモルガンの米国チーフエコノミスト、マイケル・フェローリ氏は「労働市場は引き続き非常に加熱している」とし、「極めてタイトな雇用情勢は賃金と名目所得を押し上げ、インフレをより許容可能な水準に低下させる取り組みに反する動きとなっている」と述べた。

バイデン米大統領は雇用の増加について、「安定した着実な成長に移行していることを示す心強い兆候」と述べた。

9月は幅広い分野で雇用が増加。とりわけレジャー・接客が8万3000人増と堅調で、大半がレストランやバーでの雇用だった。しかし、レジャー・接客の雇用はパンデミック前の水準をなお110万人下回っている。

ヘルスケアは6万人増、専門職および企業サービは4万6000人増だった。

製造業も2万2000人増。建設は住宅市場が金利上昇の影響を受けているものの、1万9000人増となった。

一方、金融関連は8000人減、運輸・倉庫は7900人減、小売は1100人減。政府部門も2万5000人減少した。

ボストン・カレッジのブライアン・ベスーン経済学教授は「米経済は今年前半も、第3・四半期も景気後退(リセッション)に陥らなかった」とし、景気後退を見込む向きは「リセッション入りする時期の予想を後ずれさせている」と述べた。

家計調査によると、9月は5万7000人が労働市場から退出。失業率低下の一因となった。労働参加率は62.3%と、8月の62.4%から低下した。

経済的な理由によるパートタイム労働者は前月から30万6000人減少し、380万人となった。

賃金は堅調で、時間当たり平均賃金は0.3%上昇で8月の上昇幅と変わらずだった。前年比では5.0%上昇となり、8月の5.2%から鈍化した。

平均週間労働時間は34.5時間で前月から変わらず。

アライアンス・バーンスタインのシニアエコノミスト、エリック・ウィノグラッド氏は、堅調な労働市場が収入を支えていることは「インフレの高止まりを踏まえても、成長の観点からは朗報」とし、「経済のソフトランディング(軟着陸)がなお可能であることを裏打ちする重要な論拠」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up