for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米雇用統計、5月は55.9万人増 失業率5.8%に改善

[ワシントン 4日 ロイター] - 米労働省が4日発表した5月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比55万9000人増加した。新型コロナウイルスワクチン接種の広がりによりパンデミック(世界的大流行)が収束しつつあり、再度職に就く人が増加、景気回復が順調に進んでいることが示された。市場予想は65万人増だった。

4月の雇用者数は27万8000人増で、当初の26万6000人から小幅に上方修正された。

失業率は6.1%から5.8%に改善した。コロナ禍で発生した「雇用されているが休職中」の人の扱いがかく乱要因となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up