for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米輸入物価、8月は前月比1.0%下落 2カ月連続

8月の米輸入物価は前月比1.0%下落した。昨年11月、ロサンゼルスで撮影(2022年 ロイター/Mike Blake/File Photo)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米労働省が15日に発表した8月の輸入物価は前月比1.0%下落した。石油製品の価格低下とドル高で押し下げられ、2カ月連続で下落した。インフレ抑制要因になる可能性がある。

7月は1.5%下落。ロイターがまとめたエコノミスト予想は1.2%の下落だった。

前年同月比では7.8%上昇。7月は8.7%上昇していた。

燃料の輸入価格は前月比6.8%下落。7月は7.5%下落していた。石油・石油製品は7.1%、食品は1.6%、それぞれ下落した。

燃料、食品を除くコア輸入物価は0.1%下落。7月は0.5%下落していた。前年同月比では3.8%上昇。コア輸入物価の上昇はドル高で抑制されている。

輸出物価は前月比1.6%下落。7月は3.7%下落していた。農産物が0.4%下落。農産物以外は1.8%下落した。

輸出物価は前年同月比で10.8%上昇。7月は12.9%上昇していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up