January 12, 2018 / 4:11 PM / 3 months ago

米消費者物価コア指数、12月は11カ月ぶりの高い伸び

[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日発表した2017年12月の消費者物価指数(CPI)は、月ごとの変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数が前月比0.3%上昇した。17年1月以来、11カ月ぶりの大幅な伸びで、インフレが18年に加速するとの見方を支える内容となった。

 1月12日、昨年12月の米消費者物価コア指数が、11カ月ぶりの大きな伸びを示した。写真はニューヨークの商業施設で2015年11月撮影(2018年 ロイター/Andrew Kelly/File Photo)

新車や家賃、ヘルスケアの値上がりが全体をけん引した。

前年同月比では1.8%上昇し、11月の1.7%から伸びが拡大した。市場予想は前月比0.2%、前年比1.7%の伸びだった。

キャピタル・エコノミクスの首席米国エコノミスト、ポール・アッシュワース氏は「米連邦準備理事会(FRB)が今年、一段と積極的な100ベースポイント(bp)の利上げを実施するとのわれわれの予想が裏付けられた」と述べた。

ガソリン安に伴い、消費者物価の総合指数は0.1%の上昇にとどまった。11月は0.4%の伸びだった。前年同月比では12月が2.1%、11月は2.2%の上昇だった。

ガソリン価格は2.7%と大きく値下がり。前月は7.3%値上がりしていた。

賃貸家賃は0.4%上昇。帰属家賃も0.3%伸びた。医療サービスは0.3%上昇した。

新車は0.6%上昇。11カ月ぶりの大きな伸びだった。

食品は0.2%上昇。10、11月は横ばいだった。

今週発表の輸入物価、卸売物価はともに低調だったが、物価上昇率は今後持ち直す可能性も出てきた。

エコノミストの観測では、労働市場が引き締まりを続け、原油価格が上昇基調となり、ドル安が加われば、物価上昇率は今年中にFRBの目標である2%に向かうとみられている。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below