July 14, 2020 / 2:33 PM / 23 days ago

米消費者物価、6月は前月比+0.6% ガソリンなど上昇も抑制続く

[ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した6月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.6%上昇と、伸び率は2012年8月以来の大きさとなった。ガソリン価格と食品価格の上昇が寄与した。ただ、基調的なインフレ率は引き続き低調で、米連邦準備理事会(FRB)は経済回復に向け資金を供給し続けるとみられている。

米労働省が14日発表した6月の消費者物価指数は前月比0.6%上昇と、伸び率は2012年8月以来の大きさとなった。ニューヨークで5日撮影(2020年 ロイター/JEENAH MOON)

5月は前月比0.1%下落と、3カ月連続で下落していた。

6月の前年比は0.6%上昇。5月は0.1%上昇と、15年9月以降で最小の伸びだった。

ロイターがまとめた6月CPIのエコノミスト予想は、前月比で0.5%上昇、前年比で0.6%上昇だった。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「全国的な新型コロナウイルスの感染第2波で景気低迷は長引くだろう。低成長期間の長期化と軟調な需要がインフレ率を抑制し続ける」と述べた。

6月はガソリン価格が12.3%上昇。ガソリン価格が上昇するのは今年初めて。食品価格は0.6%上昇。5月は0.7%上昇していた。家庭で消費される食品の価格は0.7%上昇した。

牛肉価格は上昇トレンドを維持し、4.8%上昇した。過去3カ月では20.4%上昇している。食肉処理施設で新型コロナ感染が拡大し、供給不足になったことを反映した。ノンアルコール飲料や果物、野菜の価格も上昇した。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比で0.2%上昇。5月は0.1%下落と、1957年の統計開始以来初の3カ月連続下落だった。

服飾費が1.7%上昇と、伸び率は1990年2月以降で最大だった。航空運賃は2.6%上昇と、15年5月以降で最大の伸び。医療費や家庭用品、タバコなどの価格も上昇した。

ホテルなどの宿泊料金は1.4%上昇。ただ家賃は0.1%上昇と、13年7月以降で最小の伸びだった。新型コロナのパンデミックにより失職した賃借人の支払い猶予を反映している可能性がある。5月は0.3%上昇していた。

コア指数の前年比は1.2%上昇。5月の伸びと一致した。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は5月に前年比1.0%上昇と、10年12月以降で最小の伸びだった。6月のコアPCE価格指数は今月下旬に発表される。

INGのチーフ国際エコノミスト、ジェームズ・ナイトリー氏は「各州で新型コロナ抑制措置が再び導入されているため、経済失速を懸念するFRB当局者が増えている。信用の流れと低金利を維持する必要な措置が続けられるだろう」と語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below