July 14, 2020 / 2:13 PM / a month ago

米消費者物価、6月は前月比+0.6% ガソリンや食品の伸び寄与

* 6月の米消費者物価総合指数は前月比+0.6%(予想:+0.5%)=労働省

* 6月の米消費者物価総合指数は前年比+0.6%(予想:+0.6%)=労働省

* 6月の米消費者物価コア指数は前月比+0.2%(予想:+0.1%)=労働省

* 6月の米消費者物価コア指数は前年比+1.2%(予想:+1.1%)=労働省

* 6月の米実質所得、前月比-2.3%=労働省

[ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した6月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.6%上昇と、伸び率は2012年8月以来の大きさとなった。ガソリン価格と食品価格の上昇が寄与した。ただ、基調的なインフレ率は引き続き低調で、米連邦準備理事会(FRB)は経済回復に向け資金を供給し続けるとみられている。

5月は前月比0.1%下落と、3カ月連続で下落していた。

6月の前年比は0.6%上昇。5月は0.1%上昇と、15年9月以降で最小の伸びだった。

ロイターがまとめた6月CPIのエコノミスト予想は、前月比で0.5%上昇、前年比で0.6%上昇だった。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比で0.2%上昇。5月は0.1%下落と、1957年の統計開始以来初の3カ月連続下落だった。服飾費や医療費は上昇したが、賃貸料が伸び悩んだ。

コア指数の前年比は1.2%上昇。5月の伸びと一致した。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は5月に前年比1.0%上昇と、10年12月以降で最小の伸びだった。6月のコアPCE価格指数は今月下旬に発表される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below