May 12, 2020 / 2:33 PM / 12 days ago

米消費者物価、4月は前月比-0.8% 08年以来の大幅マイナス

* 4月の米消費者物価総合指数は前月比-0.8%(予想:-0.8%)=労働省

* 4月の米消費者物価総合指数は前年比+0.3%(予想:+0.4%)=労働省

* 4月の米消費者物価コア指数は前月比-0.4%(予想:-0.2%)=労働省

* 4月の米消費者物価コア指数は前年比+1.4%(予想:+1.7%)=労働省

* 4月の米実質所得、前月比+5.8%=労働省

[12日 ロイター] - 米労働省が12日発表した4月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.8%下落と、2008年12月以来の大幅な落ち込みとなった。新型コロナウイルスの危機による外出自粛でガソリンや空の旅などのサービスの需要が減り、価格を押し下げた。市場予想も0.8%下落だった。

3月のCPIは前月比0.4%下落だった。4月は前年同月比で0.3%上昇。市場予想は0.4%上昇だった。3月は1.5%上昇していた。

労働省によると、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)に感染する危険があるため、対面による調査を3月16日以降停止している。また4月は「一部の機関が一時的に閉鎖もしくは稼働を縮小したことから、一時的に集計ができず補完データで算出したものが増えた」という。多くの指数は通常より標本数が少ないほか、通常公表される指標のいくつかは4月に公表されなかった。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.4%下落し、統計を開始した1957年以降で最大の落ち込みを記録した。3月は0.1%下落し、10年1月以来初めてマイナスへ転じていた。4月は前年同月比で1.4%上昇。3月は2.1%上昇していた。

FRBは物価上昇率の目標を2%としている。FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は3月に前年同月比1.7%上昇した。2月は1.8%上昇だった。4月のPCEは今月下旬に発表される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below