for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米輸入物価、10月は0.1%下落 石油製品の値下がり響く

米労働省が17日発表した10月の輸入物価指数は前月比0.1%下落した。石油製品などが値下がりしたためで、インフレ率が当面抑制され続けることが示唆された。ニュージャージー州ニューアークで2017年11月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米労働省が17日発表した10月の輸入物価指数は前月比0.1%下落した。石油製品などが値下がりしたためで、インフレ率が当面抑制され続けることが示唆された。市場予想は0.2%上昇だった。

輸入物価には関税が含まれていない。9月の輸入物価は当初発表の0.3%上昇から0.2%上昇に改定された。

10月の前年同月比は1.0%下落。9月は1.4%下落していた。

石油製品が前月比1.0%下落。石油製品を除く輸入物価は横ばい。9月は0.6%上昇していた。

食品は0.1%上昇。中国からのモノの輸入物価は2カ月連続で横ばいだった。資本財も横ばい。自動車は0.1%下落。自動車を除く消費財は0.2%下落した。

輸出物価は0.2%上昇。農産品の価格上昇が寄与した。非農産品は横ばい。9月は0.6%上昇していた。

前年同月比は1.6%下落。9月は1.8%下落していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up