for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米CPI3月総合指数、前月比で8年半ぶりの大幅な伸び

[ワシントン 13日 ロイター] - 米労働省が13日に発表した3月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、総合指数の前月比での上昇率が2012年8月以来の高水準となった。新型コロナウイルスワクチンの接種の進展と政府の大規模な財政支援策で経済活動の再開が進み、基調的なインフレが上向いていることが示された。

総合指数は0.6%上昇。2月の0.4%に続く伸びとなった。食品・エネルギーを除いたコア指数は0.3%上昇。2月は0.1%上昇していた。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は、総合指数が0.5%上昇、コア指数が0.2%上昇だった。

前年同月比での上昇率は、総合指数が2.6%、コア指数が1.6%だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up