for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米CPI4月総合指数、前月比0.8%上昇 経済活動再開で需要増大

[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日に発表した4月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、総合指数が前月比0.8%上昇した。経済活動の再開に伴う需要増大と供給の逼迫を背景に、上昇率は予想の0.2%を上回ったほか、前月の0.6%から加速。金融市場で長期にわたるインフレ高進に対する懸念が増大する可能性がある。

食品・エネルギーを除いたコア指数は0.9%上昇と、前月の0.3%から加速。予想の0.3%も上回った。

前年同月比での上昇率は、総合指数が4.2%、コア指数が3.0%だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up