for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コアCPI、8月は0.1%上昇へ鈍化 6カ月ぶりの低い伸び

[ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した8月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数が前月比0.1%上昇と、7月の0.3%上昇から鈍化した。2月以来、6カ月ぶりの低い伸びとなり、インフレがピークを付けた可能性を示した。ただ供給網の混乱が続いており、しばらくは高止まりする恐れがある。

前年同月比は4.0%上昇。7月は4.3%上昇していた。

8月の総合CPIは、前月比0.3%上昇と、7月の0.5%上昇から鈍化した。前年同月比は5.3%上昇。7月は5.4%上昇だった。

市場予想はコアCPIが前月比0.3%上昇、総合CPIは0.4%上昇だった。

インフレは、中古の乗用車とトラック、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けたサービス業の価格高騰により、年初から上昇した。

中古車価格の急騰は収まる兆しがあり、宿泊費もパンデミック前の価格を超えており、今後の伸びは緩やかになりそうだ。インフレの鈍化は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が主張する物価高騰は一時的との見方と整合する。

ただ、サプライチェーン(供給網)の逼迫は続いており、労働市場は引き締まっており、賃金上昇につながっている。

ワクチン接種の拡大で、企業が従業員のオフィス勤務を再開しており、郊外から都市に人々が移動。供給不足による住宅の記録的な価格上昇や、家賃の上昇を引き起こしている。これらは物価上昇が続く要因になる可能性がある。

CIBCプライベート・ウェルス(米ボルティモア)のデービッド・ドナベディアン最高投資責任者は「現実世界と政府のデータに関係があるとしたら、住宅価格や家賃の高騰がCPIに浸透するのが見えてくる頃だろう」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up