for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米輸入物価、6月は1.0%上昇 8カ月連続で値上がり

米労働省が15日発表した6月の輸入物価は前月比1.0%上昇し、8カ月連続で値上がりした。写真は2019年1月撮影(2021年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米労働省が15日発表した6月の輸入物価は前月比1.0%上昇し、8カ月連続で値上がりした。世界的なサプライチェーン(供給網)のボトルネックが解消されない中、輸入物価は堅調な伸びを示したものの、物価はピークを付けた可能性もあり、インフレ高進が一過性との見方を裏付けそうだ。市場予想は1.2%上昇だった。

5月は1.4%上昇だった。6月は前年同月比で11.2%上昇。5月は11.6%上昇だった。

6月は燃料価格が4.7%上昇。5月は5.5%上昇だった。石油価格は4.6%上昇、食品は1.9%上昇した。燃料と食品を除くコア輸入物価は0.6%上昇。5月は1.1%上昇していた。

一方、輸出物価は1.2%上昇。5月は2.2%上昇だった。農産物が1.5%上昇、非農産物が1.1%上昇した。

輸出物価は前年同月比で16.8%上昇。5月は17.5%上昇だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up