for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、7月の求人件数は増加 自発的離職も拡大=雇用動態調査

* 7月の米雇用動態調査(JOLTS)、求人件数は661.8万件=労働省

[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が9日に発表した7月の雇用動態調査(JOLTS)によると、求人件数は前月比61万7000件増の661万8000件だった。

新型コロナウイルスが感染拡大する以前の2月時点では700万件だった。求人率は4.5%と、前月の4.2%から上昇した。

自発的な離職件数は34万4000件増の294万9000件。コロナ感染への恐れや育児問題が自発的な離職を促した可能性がある。内訳では小売りが15万2000件、専門職・企業サービスが9万8000件。州・地方政府の教育関連は3万5000件だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up