for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米11月の求人件数減少、レイオフ件数増加 労働市場の回復に鈍り

[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日に発表した2020年11月の雇用動態調査(JOLTS)によると、求人件数が減少したほか、レイオフ件数は増加した。新型コロナウイルスの感染が再び急拡大する中、労働市場の回復に鈍りが見られる。

求人件数は10万5000件減の652万7000件。昨年1月時点では700万件を超えていた。求人率は4.4%と前月の4.5%から低下した。

レイオフ件数は29万5000件増の197万1000件。レイオフ率は1.4%と前月の1.2%から上昇した。コロナ感染の急増でとりわけレストランやバーなど飲食業が影響を受けている。

採用件数は597万9000件とほぼ変わらず。採用率は4.2%だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up