for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ISM製造業指数、1月は半年ぶり50超え 米中合意後押し

[3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が3日公表した1月の製造業景気指数は50.9と、前月の47.8(改定)から改善し、半年ぶりに判断の分かれ目となる50を上回った。水準としては昨年7月以来の高水準。市場予想は48.5だった。

米中が1月に署名した「第1段階」の通商合意が後押ししたとみられる。ただ墜落事故を起こしたボーイングBA.N737MAX型機は依然、生産再開のめどが立っておらず、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスがハイテク機器のサプライチェーン(供給網)を阻害する恐れもあり、製造業が底打ちしたと判断するのは時期尚早だ。

ウエルズ・ファーゴ証券のシニアエコノミスト、ティム・ウィンラン氏は「米中の第1段階通商合意が下支えになった」と指摘。一方、新型肺炎や経済への影響についてはまだ分からないことが多いと述べた。

ISMは声明で「貿易問題が業種を問わず引き続き焦点になっているが、回答者はここ数カ月ぶりに前向きな見方を示した」とした。

内訳では、先行指標の新規受注が52.0と前月の47.6から上昇し、昨年5月以来の高水準を記録。一方、雇用指数は46.6に改善したものの、依然50を割り込んだ。2019年の製造業雇用の伸びは4万6000人と、前年の26万4000人から大幅に鈍化した。

価格は46.6と、前月の45.2から改善し、昨年3月以来の高水準になった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up