for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ISM製造業景気指数、9月は低下 回復鈍化示す

米供給管理協会(ISM)が1日に発表した9月の製造業景気指数は55.4と、前月の56.0から低下した。テネシー州スプリングヒルで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Harrison McClary)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日に発表した9月の製造業景気指数は55.4と、前月の56.0から低下した。市場は56.3に上昇すると予想していた。新規受注が前月の16年半ぶりの高水準から低下し、全体水準を押し下げた。今夏に景気刺激策が経済を押し上げた後、成長ペースが落ちているという見方と一致する。

製造業景気指数は8月に2018年11月以来の高水準を付けた。9月は鈍化したものの、景気拡大・縮小の節目となる50は4カ月連続で上回った。製造業は米経済の11.3%を占める。

企業や何百万人もの失業者への政府の支援金が枯渇する中で、新型コロナウイルスによる景気後退(リセッション)からの持ち直しが鈍化しているとの見方を後押しした。さらに、新型コロナ感染は増えており、秋に一段と拡大するとみられる。

国内総生産(GDP)は第3・四半期に年率で32%増と、過去最大の伸びとなる見込み。第2・四半期は31.4%減と、過去最大の落ち込みを記録していた。第4・四半期のGDP見通しは当初、10%増を超えるとの見方だったが、現在は約2.5%増へ引き下げられている。

製造業景気指数の内訳は、新規受注指数が60.2と、04年1月以来の高水準だった8月の67.6から低下。一方、受注残を示す指数と輸出向け受注の指数は上昇した。

雇用指数は49.6と8月の46.4から上昇したが、依然として50は下回った。前日発表された9月の民間部門雇用者数の伸びは市場予想を超えた。製造業の雇用指数の改善と合わせ、9月の雇用統計は好調な内容となる見通しだ。ロイターのエコノミスト調査によると2日に発表される9月の雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比85万人増えると予想されている。8月は137万1000人増だった。非農業部門雇用者数は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)前から1070万人下回る水準となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up