March 19, 2019 / 5:49 PM / 2 months ago

1月の米製造業新規受注は小幅増、出荷マイナス続く

[ワシントン 19日 ロイター] - 米商務省が公表した1月の製造業新規受注は、前月比増加率が0.1%と市場予想(0.3%)に届かなかった。コンピューターと電子製品が重しとなった。一次金属と組立金属製品も落ち込んだ。

製造業出荷は0.4%減り、4カ月連続のマイナス。減少期間は2015年半ば以降で最長となり、製造業活動の減速をさらに裏付けた。

製造業新規受注は前年同月比で3.8%増加した。

減少率はコンピューターと電子製品が0.9%、一次金属が2%、組立金属製品は0.6%だった。

このほか、一般機械が1.5%増、鉱山・油田・ガス田向けの機械は2.7%減、電気機器類は1.4%増となった。

輸送機器が1.2%増、民間航空機・部品は15.6%増、自動車・部品は0.4%増だった。

民間設備投資の先行指標とされる、資本財から国防関連と航空機を除くコア資本財受注は0.8%増。前月は0.8%減っていた。

国内総生産(GDP)で企業設備投資の計算に使われるコア資本財の出荷も0.8%増、前月は0.1%増だった。

今回の指標は、政府機関一部閉鎖の影響で公表が遅れた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below