for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米製造業新規受注、1月は1.4%増 予想上回る 前月分も上方改定

米商務省が3日に発表した1月の製造業新規受注は前月比1.4%増と市場予想(0.7%増)を上回った。供給面での問題を抱えながらも、製造業は好調であることを示している。2019年11月、米サウスカロライナ州のBMW製造施設で撮影(2022 年 ロイター/Charles Mostoller/File Photo)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米商務省が3日に発表した1月の製造業新規受注は前月比1.4%増と市場予想(0.7%増)を上回った。供給面での問題を抱えながらも、製造業は好調であることを示している。

昨年12月は0.7%増と前回発表の0.4%減から一転、増加に上方改定された。

1月は機械や輸送用機器の受注が増加した。コンピューターや電子製品の受注は横ばい。電気機器や家電製品、部品は減少した。

出荷は1.2%増。12月は0.7%増だった。在庫は0.7%増。受注残は0.9%増。12月は0.8%増加していた。

民間設備投資の先行指標とされる資本財から国防関連と航空機を除くコア資本財受注は1.0%増。当初発表は0.9%増だった。

国内総生産(GDP)統計で企業設備投資の算出に使われるコア資本財の出荷は1.9%と、当初発表から変わらず。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up