for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ISM製造業景気指数、6月は60.6に鈍化 雇用7カ月ぶり縮小

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日に発表した6月の製造業景気指数は60.6と、製造業が緩やかに拡大したことを示す一方、前月の61.2からは低下し、1月以来の水準にとどまった。雇用は7カ月ぶりに縮小。深刻な原材料と労働力の不足が重しになったとみられる。

景気指数の市場予想は61.0だった。50が景気拡大・縮小の節目となる。製造業は米経済の11.9%を占めている。

仕入れ価格は92.1と、過去最高を付けた。5月は88.0だった。消費者物価は急速に上昇しており、米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安としている指数は5月に前年同月比で29年ぶりの大幅な伸びとなった。

新規受注指数は66.0と、5月の67.0から低下。製造業者の在庫は依然少なく、企業の在庫も枯渇している。生産活動は上向きとなり、製造業者は一部の未完成品を処理することができた。

雇用指数は49.9と、昨年11月以来初めて50を下回った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up