for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ISM製造業景気指数、10月は約2年ぶり高水準

[ワシントン 2日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が2日に発表した10月の製造業景気指数は59.3と、前月の55.4から上昇し、2018年11月以来の高水準を付けた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が長引く中、自動車などのモノの需要は増え、新規受注指数は約17年ぶりの高水準だった。市場予想は55.8だった。

製造業景気指数は3日の大統領選前に発表される最後の主要指標。指数は50が景気拡大・縮小の節目となる。製造業は米経済の11.3%を占める。

米経済は製造業の底堅さに下支えされるとみられる。国内総生産(GDP)は第3・四半期に33.1%増と過去最大の伸びを記録したが、第4・四半期は大幅に鈍化するとみられる。第2・四半期は31.4%減と過去最大の落ち込みだった。第3・四半期は3兆ドルを超える政府の支援策が景気を押し上げた。それ以降、政府の資金は枯渇し、新たな支援策が合意される見通しは立っていない。

新型コロナの危機により、消費支出はサービスではなく、生活の変化に応じたモノに移行した。モノの消費支出はパンデミック前の水準を超えた。

新規受注指数は67.9と、2004年1月以来の高水準を付けた。9月は60.2だった。

受注が急増する中、雇用指数は53.2と、9月の49.6から上昇。19年7月以来初めて50を超えた。

製造業は、10月の雇用を全体的に押し上げたとみられる。ロイターのエコノミスト調査によると、同月の雇用統計では非農業部門雇用者数が前月から70万人増える見込み。9月は66万1000人増だった。雇用の伸びは6月に付けた478万1000人増から鈍化している。新型コロナ禍で失われた2220万件の雇用のうち約1150万件が回復した。10月の雇用統計は6日に発表される。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up