for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ISM製造業景気指数、3月は37年ぶり高水準 物価圧力蓄積も

4月1日、米供給管理協会(ISM)が発表した3月の製造業景気指数は64.7と、1983年12月以来、37年超ぶりの高水準を付けた。新規受注が力強く伸び、期待されていた経済の急成長が始まっている可能性を示した。写真は2019年11月、サウスカロライナ州の自動車組み立て工場で(2021年 ロイター/Charles Mostoller)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日発表した3月の製造業景気指数は64.7と、1983年12月以来、37年超ぶりの高水準を付けた。新規受注が力強く伸び、期待されていた経済の急成長が始まっている可能性を示した。

市場予想は61.3。前月は60.8だった。

第1・四半期の国内総生産(GDP)は最大で10%の増加となる見込み。昨年第4・四半期は4.3%増だった。2021年の伸びは7%超と1984年以降で最大となる可能性がある。

一方、大規模な財政刺激策が国内の生産能力を圧迫し、物価上昇圧力が高まる恐れもある。供給業者はすでに製造業者へ材料を提供することに苦労しており、生産費用が上昇。こうした動きは自動車産業で特に目立っており、世界的に半導体チップが不足する中、各社とも生産を減らしている。価格指数は08年7月以来の高い水準で推移している。

新規受注指数は68.0と、04年1月以来の高水準を付けた。前月は64.8だった。輸出指数も上昇し、受注残を示す指数は大幅に上向いた。

こうした中、製造業者やその顧客の在庫は依然として少なく、製造業はさらに拡大する余地がある。需要が底堅い中、製造業の雇用もペースが上がり、雇用指数は59.6と、前月の54.4から伸び、18年2月以来の高水準だった。これは3月の雇用統計で雇用者数が大幅に増加するとの見方を後押しする。ロイターのエコノミスト調査によると、3月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比64万7000人増と予想されている。2月は37万9000人増だった。雇用統計は2日に発表される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up