January 23, 2020 / 6:21 PM / a month ago

米歳出ペースは維持不能、伸び抑制を=ムニューシン財務長官

ムニューシン米財務長官は23日、米国の連邦赤字が現在のレベルで増加し続けることはできず、歳出ペースを遅らせる必要があると述べた。22日撮影(2020年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[23日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は23日、米国の連邦赤字が現在のレベルで増加し続けることはできず、歳出ペースを遅らせる必要があると述べた。

スイスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でCNBCのインタビューに応じたムニューシン氏は、トランプ政権が景気刺激に向け追加減税を検討していることを認め、財政赤字については歳出のほか、野党・民主党に問題があると主張。

赤字の要因は軍事費や非軍事支出の増加だとし、トランプ政権による2017年の減税策ではないと語った。

また、減税は10年間にわたり効果をもたらすと指摘した。ただ、減税の恩恵が薄れ、中国製品に対する関税が米国内の農家や製造業に打撃となる中、経済成長率は今年鈍化している。

ムニューシン氏は、トランプ大統領が米軍再編を重要視しているものの、実現のためには民主党と非軍事部門の歳出増で合意する必要があると指摘。

「赤字の増加を見れば、大部分は追加の歳出だ」とした上で、「政府支出の伸びを抑える必要があるのは疑いない。このレベルの赤字拡大は維持不能だからだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below