for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FF金利先物、22年12月の利上げ確率100% 雇用統計後でも

9月の米雇用統計が市場予想を大幅に下回ったにもかかわらず、FF金利先物はFRB(写真)が22年11月または12月に政策金利を0.25%ポイント引き上げることを織り込んでいる。2019年3月撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 9月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加が市場予想を大幅に下回ったにもかかわらず、短期金利の期待を示すフェデラル・ファンド(FF)金利先物は米連邦準備理事会(FRB)が22年11月または12月に政策金利を0.25%ポイント引き上げることを織り込んでいる。

FF金利先物が織り込む22年11月までに利上げが行われる確率は94%以上。また、来年12月までの利上げを完全に織り込んでいる。これは雇用統計が発表される前とほぼ同水準。

米労働省が8日発表した9月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比19万4000人増と、市場予想の50万人増を大きく下回った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up