January 16, 2020 / 8:30 PM / a month ago

米フィラデルフィア連銀業況指数、1月は上昇 8カ月ぶり高水準

[16日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀が16日発表した1月の連銀業況指数は17.0で、12月の2.4(上方改定後)から上昇し、8カ月ぶりの高水準となった。

ロイター調査のエコノミスト予想は3.8だった。

業況6カ月予測は前月の34.8から38.4に上昇し、2018年5月以来の高水準。新規受注指数、従業員数指数、支払価格指数も上昇した。ただ、受注残指数は低下した。

オックスフォード・エコノミクス(ニューヨーク)の首席米国エコノミスト、オレン・クラチキン氏は「内外の成長鈍化に加え、米中が第1段階の通商合意に至ったものの、通商政策を巡る先行き不透明性が重しとなり、製造業部門の伸びは今年抑制される」との見方を示した。

指数はペンシルベニア州東部、ニュージャージー州南部、デラウェア州をカバーする。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below