for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米労働生産性改定値、21年第4四半期は6.6%上昇 速報値と同じ

[ワシントン 3日 ロイター] - 米労働省が3日発表した2021年第4・四半期の非農業部門の労働生産性改定値は年率換算で前期比6.6%上昇し、速報値と同じだった。市場予想はやや上方改定の6.7%だった。

生産単位当たりの報酬を示す単位労働コストは前期より0.9%上昇。速報値は0.3%上昇だった。

第4・四半期に労働生産性が力強く回復し、単位労働コストの伸びが抑制されたことが確認された。

21年第3・四半期の労働生産性は前期比で3.9%低下し、単位労働コストは10.6%上昇していた。

第4・四半期の労働生産性は前年同期比1.9%上昇。生産性は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後に不安定な状態が続いている。

労働時間は前期より2.4%増え、速報値と同じ。

単位労働コストの前年同期比は3.5%上がった。

労働コストの上昇は緩やかだが、企業は不足する労働者を獲得するため賃金を引き上げてきている。昨年末時点の求人数は1090万人に達していた。

第4・四半期の時間当たりの労働報酬は7.5%増え、速報値の6.9%増から上方改定された。第3・四半期は6.2%増えていた。

第4・四半期の時間当たりの労働報酬は前年同期より5.5%伸びた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up