January 4, 2019 / 9:38 PM / in 2 months

米長短金利差、景気後退予測で信頼できず=CEA委員長

[ワシントン 4日 ロイター] - 米大統領経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長は4日、長期国債と短期国債の利回り格差について、量的緩和で長期債利回りが圧迫される中、景気後退を示す指標として信頼できないとの現状認識を示した。

CNBCで語った。ハセット氏は、長期債利回りが短期債利回りを下回れば、一般的に景気後退の兆候とされていると指摘。「しかし、長期債利回りがなお、量的緩和の影響を受けているため、利回り格差の解釈は現時点で非常に難しい」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below