for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米個人消費、12月は2カ月連続マイナス コアPCEは上昇

[ワシントン 29日 ロイター] - 米商務省が29日に発表した2020年12月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.2%減少し、2カ月連続のマイナスになった。新型コロナウイルス感染を抑制する制限措置のほか、政府の失業給付が一時的に期限切れになったことを受けた。

新型コロナ感染への警戒が強まる中、外食や病院、娯楽などへの支出が減少した。アナリスト予想の0.4%減ほどは悪化しなかった。11月は0.7%減少していた。

個人所得は0.6%増に持ち直した。失業給付のほか賃金増も支援した。11月は1.3%減少していた。12月の貯蓄率は13.7%と、前月の12.9%から上昇した。

変動の大きい食品とエネルギーを除くコア個人消費支出(PCE)価格指数は前月比0.3%上昇。前月は変わらずだった。前年比は1.5%上昇。前月は1.4%上昇だった。同指数の前年比の動きは米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目している。

今回の指標では、物価が安定的に上昇していることが示された。別に発表された第4・四半期の雇用コスト指数も着実に上昇した。FRBが目標とする2%の物価目標には年内に到達するとみられているが、FRBは新型コロナ危機が続く間は超緩和政策を維持するとみられる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up