August 21, 2019 / 9:17 PM / a month ago

関税など通商障壁、米GDP0.3%押し下げへ=議会予算局

[ワシントン 21日 ロイター] - 米議会予算局(CBO)は21日、昨年1月以降に実施された米国及び世界の通商政策の変更によって、2020年までにインフレ調整後の米国内総生産(GDP)が0.3%押し下げられるとの試算を示した。

また、米家計の実質所得も0.4%(580ドル)減少するとした。

このほか、歳出増加により2019会計年度(9月30日まで)の財政赤字が9600億ドルに増加すると予想。赤字は来年度に1兆ドル超に増加するほか、2020─29年度は年平均で1兆2000億ドルに増えるとの見通しを示した。

今後10年間の財政赤字のGDP比は平均4.7%で、2012年以来最も高い水準。過去50年間の平均である2.9%を大きく上回る見込み。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below