February 28, 2019 / 12:36 AM / 19 days ago

米貿易赤字、12月は12.8%増 世界的な需要鈍化などで

 2月27日、米商務省が発表した2018年12月の貿易赤字(速報値)は前月比12.8%増の795億ドルとなった。ロサンゼルスの港湾で1月撮影(2019年  ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日発表した2018年12月の貿易赤字(速報値)は前月比12.8%増の795億ドルとなった。世界的に需要が鈍化していることやドル高が影響した。輸入が増えたことも赤字拡大の要因だった。米経済が18年第4・四半期に鈍化した新たな兆しだ。

12月は輸出が2.8%減少する一方、輸入が2.4%増加した。

同時に発表された18年12月の小売在庫(速報値)は0.9%増だった。前月は0.4%減。国内総生産(GDP)に組み込まれる自動車・同部品を除く小売在庫は1.0%増と、前月の0.9%減から持ち直した。

12月は小売売上高や住宅着工、設備投資の統計も軟調だった。エコノミストらは18年第4.四半期のGDP予想を現在の年率約2.0%増から引き下げる可能性がある。第4・四半期GDPは28日に発表される。第3・四半期GDPは3.4%増だった。

貿易収支と小売在庫の速報値は、1月25日まで5週間続いた政府機関の一部閉鎖の影響で発表が遅れた。商務省は「予算が切れた後、統計の処理と発表に遅れが出た。極力早く通常に戻せるように」1月と2月の貿易収支と在庫(速報値)は発表しないとした。3月の統計から発表するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below