for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新規失業保険申請21.5万件に改善、2週連続で減少

米労働省が3日に発表した2月26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万8000件減の21万5000件となった。2021年5月、ニューヨークで撮影(2022 年 ロイター/Andrew Kelly)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米労働省が3日に発表した2月26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万8000件減の21万5000件となった。減少は2週連続で、1月1日までの週以来の低水準となった。市場予想(22万5000件)以上に改善し、労働市場の回復が勢いを増していることが示された。

FWDBONDSのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は、申請件数は新型コロナウイルスのオミクロン株による感染拡大前の低水準となっており、労働市場がパンデミック(世界的大流行)の苦境を脱し4日発表の米雇用統計が堅調な内容になることを示唆したと述べた。

調整前の申請件数は2万1285件減少の19万4693件。カリフォルニア州とミシガン州で大幅に減少した一方、マサチューセッツ州とロードアイランド州は増加した。

2月19日までの1週間の継続受給件数は2000件増の147万6000件だった。

また、米民間雇用調査会社チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスが発表した米企業による2月の人員削減計画は前月比20%減の1万5245人。前年同月比では56%減少した。

一方、2月の雇用計画は21万5127人と2002年の調査開始以降で最多。1月は7万7630人だった。

チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスのシニアバイスプレジデントのアンドリュー・チャレンジャー氏は「雇用創出が堅調であること、雇用主が引き続き労働力を確保していることが示された」と述べた。

業種別の雇用計画では、小売業が11万4118人と最多。娯楽・レジャーで2万2369人、政府関連で1万7266人、自動車で1万4486人だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up