for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新規失業保険申請20.3万件、予想外に増加 引き締まりは継続

米労働省が12日発表した5月7日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、前週比1000件増の20万3000件となった。2012年10月撮影(2022年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日発表した5月7日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、前週比1000件増の20万3000件と、2月中旬以来約3カ月ぶりの高水準となった。予想に反して増加したものの、労働需要が堅調で人手不足が続く中、労働市場の状況に変化は見られない。

市場予想は19万5000件だった。前の週の申請件数は当初発表から2000件上方修正された。

ブリーン・キャピタルのシニア経済アドバイザー、コンラッド・デクワドロス氏は「労働市場は非常にタイトで、極度の人手不足の中で雇用主が既存の従業員の解雇を望んでいないという基調的な見方に変化はない」と述べた。

州別では、カリフォルニア州、バージニア州、イリノイ州が大幅に増加した一方、ニューヨーク州は9811件減少した。

4月30日までの1週間の継続受給件数は4万4000件減の134万3000件と、1970年1月以来の低水準となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up