May 21, 2020 / 4:57 PM / 3 months ago

米失業保険給付額、コロナ前から5倍に拡大 4月は162億ドル

米労働省は21日、4月に全米各州で支払われた失業保険給付金の総額が少なくとも162億ドルと、新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2月から5倍以上に膨らんだと明らかにした。写真はアーカンソー州フェイエットビルで失業保険申請に並ぶ市民ら。4月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米労働省は21日、4月に全米各州で支払われた失業保険給付金の総額が少なくとも162億ドルと、新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2月から5倍以上に膨らんだと明らかにした。

統計は暫定集計で、フロリダ州やミシガン州など6州のデータは含まれておらず、金額は今後さらに増える見通しだ。

州別では、カリフォルニア州やニューヨーク州が45億ドル。2月時点では約6億6000万ドル、また昨年4月時点では約6億5400万ドルだった。

労働省が21日発表した16日終了週の新規失業保険申請件数は243万8000件。3月中旬以降の累計件数は約3900万件に達した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below