for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米司法長官、不正投票に関する「根拠のある主張」の調査を検察に認める

[ワシントン 9日 ロイター] - バー米司法長官は9日、連邦検察が「投票や票の集計の不正行為に関する明確な根拠のある主張」を調査することを認めた。ただ「現実離れした主張や無理な主張」は調査しないよう命じた。

長官が検察官に送付した文書をロイターが入手した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up