for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領選、フロリダ州でほぼ互角 トランプ氏の支持拡大=調査

 ロイター/イプソスが14日公表した米大統領選に関する世論調査によると、激戦州のフロリダ州では、共和党のトランプ大統領が支持率を伸ばし、民主党のバイデン前副大統領とほぼ互角の戦いになっている。写真はフロリダ州サンフォードで12日、米国旗を掲げるトランプ氏の支持者(2020年 ロイター/Ricardo Arduengo)

[ワシントン 14日 ロイター] - ロイター/イプソスが14日公表した米大統領選に関する世論調査によると、激戦州のフロリダ州では、共和党のトランプ大統領が支持率を伸ばし、民主党のバイデン前副大統領とほぼ互角の戦いになっている。

ただ、アリゾナ州では、バイデン氏がリードを広げた。

ロイター/イプソスの別の全米調査では、バイデン氏の支持率が51%、トランプ氏が41%と、支持率の差が10%ポイントとなった。調査は9ー13日に実施。先週の調査ではバイデン氏が12%ポイントリードしていた。

ロイター/イプソスが激戦州のウィスコンシン、ペンシルベニア、ミシガン、ノースカロライナ、フロリダ、アリゾナの計6州で実施した世論調査によると、フロリダ州ではバイデン氏の支持率が49%、トランプ氏が47%。前回調査ではそれぞれ49%、45%だった。

アリゾナ州ではバイデン氏の支持率が50%、トランプ氏が46%。前回調査ではそれぞれ48%、46%だった。

新型コロナウイルスへの対応に関する質問では、バイデン氏のほうがうまく対応できるとの回答がフロリダ州で49%、トランプ氏が44%。アリゾナ州ではそれぞれ50%、41%だった。

経済運営については、トランプ氏のほうがうまく対応できるとの回答がフロリダ州で49%、バイデン氏のほうがうまく対応できるとの回答が45%だった。アリゾナ州でもそれぞれ49%、45%だった。

両州の調査は、投票する可能性の高い有権者を対象に7ー14日に実施した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up