January 14, 2020 / 3:29 AM / 5 days ago

米民主、バイデン氏が予備選初戦のアイオワ州で支持率首位

1月13日、2020年の米大統領選で民主党の候補を決める予備選のスタートとなるアイオワ州で有権者を対象に実施した世論調査によると、バイデン前副大統領の支持率が首位だった。写真はアイオワ州デモインで有権者に電話で支持を訴えるバイデン氏(2020年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 13日 ロイター] - 2020年の米大統領選で民主党の候補を決める予備選のスタートとなるアイオワ州で有権者を対象に実施した世論調査によると、バイデン前副大統領の支持率が首位だった。同州に続き予備選を行うニューハンプシャー州でもバイデン氏は支持率でトップを走っている。

予備選は州ごとに全米で実施されるが、2月3日のアイオワ州党員集会がその皮切りとなる。モンマス大学の世論調査では、バイデン氏支持率は24%で、サンダース上院議員を6ポイント上回っている。

2月11日に予備選を行うニューハンプシャー州でも、フランクリン・ピアス大学の調査によるとバイデン氏支持率は26%で、サンダース氏に4ポイントの差をつけて首位。

モンマス大学の調査は9─12日に405人を対象に、フランクリン・ピアス大学の調査は7─12日に434人を対象に実施した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below